ハロウィンな運転代行2

さてさて、ハロウィンで盛り上がっている沖縄ですが、お子様には気をつけるにこしたことはありません。

前回、たしかに沖縄は平和と言いましたが、今後はなにがあるやもしれません。浮かれすぎて、お子様の安全を脅かすようなことがあってはなりません。

日本でも特に渋谷では女性が痴漢の被害にあったり、アメリカでは殺人に発展(?)したりなど、物騒な事件もおきています。自業自得で自己責任で、それでいて沖縄の人の優しさを信じて、なんやかんやと楽しんでいきたいものです。

運転代行でも、仮装したお客さまをお乗せすることになりますが、強盗かと心配になることも、まれにないわけでもありません。こわーいメイク(?)な人は、ビビッてしまいます。運転代行はいろんな人と触れ合えるのが役得ですが、楽しんでいるお客さまを送迎できるのは幸せなものです。運転代行のお客さまは酔っていることが多いので、人生の喜びや悲しみに間接的にではありますが日常的にふれることになります。そんな悲喜こもごものお客さまの表情から学べるのは、人はどうしても信頼が必要ということ。信頼されないような仕事をしていては、一時期はよくても、かならず落ちぶれるものです。

立派な仕事をして、憧れるような生活をしている人は、人格も高貴で、偉大な社長さんほど、謙虚で話しやすいものです。中途半端に一時的な成功をされている方は、横柄で口のききかたもなってなくて、尊大で人をみくだしていて去勢をはっているようです。と、とあるスチュワーデスさんがいってました。運転代行でもまったく同感です。

 

人生には代行がききません。仕事も人生のように、代行のきかない仕事を、あなただけしかできない仕事を残したいものです。そんな一期一会の儚い人生だからこそ、運転くらいは代行にまかせてください。人を信頼して任せられるものは任せる、任せられないライフワークに集中力を注ぎ込んでください。

 

人生は宴であり、それをささえる者こそが運転代行です。運転代行は単なる運転屋ではなく、貴重な時間を代行するタイムセーバーでもあり、人の命をまもるライフセーバーでもあります。時と愛と時間と人生。そして運転代行。だから、運転代行。那覇運転代行のバービー運転代行でした。

 

 

 

Follow me!