夏の那覇運転代行はバービー

沖縄もついに梅雨があけて、本格的な夏がはじまりました。

沖縄の夏は、海、そして運転代行です。


那覇を中心とした沖縄は、車社会であり、酒社会であり、すなわち運転代行社会です。

運転代行は、沖縄でこそその存在意義が大きくクローズアップされます。

運転代行は、本来、お客様が運転する車を、代行して運転するというサービスです。決して、お客様が飲むべきお酒を、代行して飲むというサービスではありません。

でも、時には、常連さんの仲のよいお客様には、今度飲みに行こう、と誘われることもあります。ゆいまーるで小さな島社会の沖縄ならではの、仲睦まじい光景です。

沖縄の居酒屋も、最近では内地の雰囲気に染まってきていますが、それでも下町は特に、沖縄ならではの小さな、屋台との境目がないような、情緒たっぷりの酒場があります。国際通りや栄町のあたりが、特に有名ですね。国際通りでも、路地をちょっと奥に入ったところが、激安で、常連さんが通う、楽しい飲み屋さん街になっています。

中には、老舗のお店もありますが、なかなか入れ替わりも激しいようで、あれは、あの店は、一夜の夢か幻だったのかと思ってしまうこともあります。壺屋や桜坂のあたりにも、ちょっと怪しいお店も含めて、いろいろな人との交流が楽しめます。

運転代行は、電話一本で、那覇ならどこへでも直行するので、考えるとものすごく便利なサービスです。昔なら、あり得なかったはずです(特に電話がない時代や、車がない時代には考えられませんでした)。

那覇だけではなく、沖縄南部、糸満や豊見城市や南城市はもちろん、西原や浦添など、沖縄本島の下半分は、だいたいカバーしています。しかも、これらはお迎えの分は料金に加算していないので、良心的なものです。

そして、お迎えしたあとは、いよいよ、お客様のご自宅まで送迎です。今ではカーナビなんて便利なものがありますが、昔はカーナビも高価で、お迎えのときはもちろん、送り届けるときにも、お客様だって道がわかるとはかぎらないので、大変でした。沖縄はまだ、狭いのでなんとかなりますが、その点は内地の運転代行は大変ですね。

さらに沖縄では、お客さんも優しいので、間違えてもなんとかなります(ときには激しく怒られれます)が、そんなことのないように、道を記憶する訓練や、車両によってはカーナビの装備などをして、万全をつくして真摯なサービスをつくすバービー運転代行なのでした。

執筆代行:下町WEB制作

 

 

 

Follow me!