山の日があるなら「運転代行の日」も

本日は、「山の日」です。山の日とは、2016年に制定されたばかりで、今年で二回目です。

海の日は1995年に制定されましたが、どちらも、意味はよくわかりませんが、休みになるのはありがたいものです。

といっても、休みの日こそ、運転代行は活躍します。

山の日も海の日も、山で飲めば運転代行、海で飲めば運転代行、どこで飲んでも運転代行が大活躍です。

沖縄は、あまり山がないので、山の日なのにビーパをする人が多いものです。

最近の調査では、子どもが「海」に親しみがなくなってきているというデータがあります。沖縄は海に囲まれているので、そんな若者も少ないはずですが、それでも引きこもってばかりの子どもも多いもので、海にふれ、ビーパをして、運転代行を呼ぶような健全な大人に育ってほしいものです。

こう考えると、運転代行を呼ぶ大人こそが健康の証というものです。運転代行を呼ぶということは、そこまで運転していったということであり、健全なノミニケーションをした、ということだからです。

そもそも最近は、若者の車離れがすすんでいます。車よりゲーム、車よりFXなど、車への興味も保有率も下がり気味のようです。そんな変わりゆく世の中ですが、電気自動車へと社会も変わりつつあります。ガソリン車から電気自動車へと変わり、運転代行もその流れを無視できません。電気自動車のとあるメーカーは、ネットの定額制のように、そのメーカーの特定の車種をもっているオーナーは、どんなに電気自動車の電気をつかって充電しても、定額2000円というサービスをはじめました。一ヶ月、フルに走っても、充電時以外、一ヶ月とまらずに走りつづけても、2000円ということです。沖縄でいえば、南部から北部と毎日、何回でも往復しても、月に2000円です。

那覇運転代行バービーは、そんな車を取り巻く世界的な流れを敏感に感じとり、それでいて足元ではお客様のための地道な運転代行サービスを展開しています。

運転代行は、車という社会インフラを、安全に安心に活用するための、これまたインフラであると言ってよいはずです。運転代行は、車のための、そして人のための、特に飲み社会の沖縄にはなくてはならない、愛と夢と希望に満ちた、車の神様のようなサービス、それが那覇運転代行バービーです。

そんな運転代行の記念日「運転代行の日」を制定してほしいものですね。

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!