村上春樹流運転代行@那覇

その時、バーではチェロのライブが流れていた。

ハイサイおじさんのジャズバージョンは、聞くものの心を癒やしていく。

ぼくは彼女を横目で感じながら、運転代行をいつ呼ぶか、タイミングをはかっていた。

グラスのブラッディメアリーは、アイスがカラカラと寂しさを醸し出している。

運転代行を呼ぼうか、って考えたでしょ」

ドキリとした。

彼女はほんのりと赤い顔をして、深い瞳で疲れた微笑みを浮かべて言った。

「いいのよ、もう私とは話したくないんでしょ」

「ちがう」

ぼくは精一杯こたえた。

「運転代行は、プラネタリウムなんだ」

彼女は目を丸くした。

「どういうこと?」

ぼくは、説明していいのか迷った。

「つまり・・・」

氷を鳴らしながらつづけた。

「星はそこにはない。とも言えるし、あるとも言える。プラネタリウムが幻想というのなら、本物の星だって同じと言えなくもない。結局、何が真実なのかっていう問題だね」

彼女は白い歯を見せて、天井を見上げた。

この時ばかりと、ぼくはバービー運転代行をコールした。

感じのよい運転代行スタッフがこたえた。

 

そうしてぼくらは夜の道を旅することになる。

 

執筆代行 激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!