運転代行な運転代行

こんにちは。「運転代行な運転代行」というタイトルですが、AIっぽいでしょ?

AIがブームというか、先が恐怖を少しともなった期待がされていますが、執筆代行をしているぴよたんも、AIに将来はチャレンジしてみたいと思ってます。そのため「運転代行な運転代行」はAIの気持ちになったタイトルなのでした。

ホームページを作るのも、ある種のプログラミングですが、言語や規模は違えど、AIを作るのもその延長線上にあります。すくなくとも、畑を耕すのよりは、運転代行のホームページをつくってる方がAIに近いはずです。これは畑を耕すのがいけないというわけではなく、違うからこそ、プログラミングでウツになったぴよたんは、畑を耕すのに憧れているということです。そして、畑を耕すのとプログラミングとの中間が、コールセンターです。コールセンターに電話するとわかりますが、完全にAIです。といっても、いわゆるAIが対応しているのではありませんが、人間がAIになっているということです。マニュアルをたたきこまれ、感情をなくし、いえ、本当はなくしきれないヒステリックな感情を顧客にぶつけ、中途半端なAIが対応している。それが現代社会のコールセンターです。というのは、ぴよたんがたまにコールセンターでバイトしているので、我が身がAIになってる実感があるのです。

というわけで、運転代行な運転代行の那覇運転代行バービー運転代行は、AI時代を生き抜くための各種方策を施策しています。具体的には、スマイル増量です。たかがスマイル?と言った人は、わかっていません。マザーテレサも言ってますが、人はパンに飢えてるのではなく、気持ちで飢えてるのです。スマイル増量キャンペーン中のバービー運転代行は、マザーテレサの理念をそのまま体言している類まれな運転代行といえるかもしれません。

 

というわけで、人として、人だからできる運転代行が、那覇運転代行バービーなんですね。

都会でがっつり稼ぐより、頬笑みと優しさにつつまれた沖縄ののんびりした暮らしは、よく都会の人からうらやましいと言われます。そののんびりした車社会の生活を支えているのが、何を隠そう、我らが運転代行チームなんです。そんな誇りを胸に、日々、お疲れの飲んだくれたお客さま?を温かくお迎えしています。

 

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!