運転代行の新しいカタチ

運転代行は、新しい未来を迎えようとしています。

その前に、この変革は、タクシー業界から始まる見込みです。

自動運転が導入され、タクシーは無人になる可能性があります。

関連して、最近ではヤマト運輸のニュースが記憶に新しいです。宅配業者は無人になり、自動で宅配される準備を着々とすすめています。宅配ボックス付きの自動運転車があなたの町にやったくるのです。ブラック企業かと疑われる運転に関する業界ですが、実際、運転には非常な労力がかかります。趣味で運転しているのとはわけが違うのです。いつも「命がけ」の運転は、神経がすり減るものです。更には宅配業者は、走ったり、重い荷物を運んだり、重労働極まります。

そして、タクシー業界もしかり。タクシーは密室なのをいいことに、お客様による「パワハラ」が行われることもあるようです。難癖をつけて、タクシー料金を払わなかったり。誘惑して手を触れさせて、セクハラとして訴えたり。もしくは訴えないからタクシー料金を払わない、と交渉したり。人の心の闇が見える車内です。そんなタクシー業界も、自動運転車が開発されていて、まずは海外から、やがては日本にも導入される日は必ずや来ることでしょう。

運転代行も同じです。いえ、運転代行は、お客様の大切なお車を直接手にするのですから、さらに繊細な業務です。ブレーキの踏み方を気にする方もいます。ミラーの角度を変えないでほしいなど、さまざまなご要望があります。道順はこちら、アクセルはそんなにふかさないでなど、愛車を気遣っているのがわかります。どんなに酔っていても、いつも心を込めて手入れしているお車なのです。

でも、車の運転は、このように代行がききますが、お客様の日々の暮らしは代行なんてできません。ストレス社会の現代だからこそ、ノミニケーションが依然として重要な沖縄だからこそ、運転代行はお客様の人生のクリティカルな一端を垣間見てしまうことがあります。意気消沈してる方もいます。喜々としてチップをくださる方もいます。なるべく、お客様のプライベートにはかかわらないように、見ないように、紳士に対応していますが、お客様によっては、コミュニケーションを優先して、それが楽しみでバービー運転代行を指名してきてくれる方もいます。

運転代行には一口には語れない、深みがあります。

Follow me!