運転代行の歌

金城たかしは、運転代行のスタッフだった。そして、運転代行の運営者であり、運転代行の利用者だった。

金城たかししはまさに、運転代行の権化であり、運転代行そのものとして現代を生きていた。金城たかしの存在理由は運転代行にあり、金城たかしは運転代行を具現化した運転代行のアイドルだであり妖精であった。

 

金城たかしは、運転代行の歌をつくった。金城たかしは三線に堪能していて、三線も四線も、金城たかしにとっては、朝飯前の運転代行のようだった。

金城たかしは、その美声で人々を酔わせた。いや、運転代行のクライアントは既によっているのだが、金城たかしの美声は、さらにメロメロにとどめをさすのだった。

 

運転代行、それは風

那覇をつらぬく、ひとときの鈴の音

運転代行、それは夢

泡盛の余韻をあおる、ひとときの歌

運転代行は、車あってのサービスだから

運転代行業者は、車から生まれた車の申し子

運転代行は、車を母にした、現代の鉄腕アトム

未来をつくっていく

それが運転代行

ああ、運転代行、われらが運転代行

 

金城たかしの歌を聞くと、運転代行のクライアントは必ず鳴く。いや、泣かないクライアントは、人間ではないから、クライアントではない、とさえ言える。金城たかしは、沖縄の運転代行業者でもまれな、歌う運転代行スタッフだ。

 

歌は愛を言葉にしたものなら、運転代行の歌は、車から愛が生まれたということになる。人が車を生み、車が愛を生む。データが人間化されるのがAIなら、運転代行は物質が人間化された奇跡とも言える。

 

那覇の運転代行は、このような哲学から生まれた、人類の知性の結晶としての運転代行だ。こうして生きているのが奇跡である延長として、運転代行もたしかにミラクルと言える。ミラクル運転代行・バービー運転代行は、走る奇跡であり、走る叡智である。

金城たかしの歌が、それを如実に物語っている。

 

人はそんな運転代行を、どのような時に利用するのだろう。多くの人は、外出先で飲酒したときに、運転代行を利用する。それはそれでよい。けれども、このような運転代行の歴史と意味を考えると、発送を逆転することも可能なはずだ。すなわち、運転代行を利用するために、外出先で飲酒する。運転代行を利用するため、遠出して、そこで飲む。酒を飲む理由として、運転代行を頼みたいから、というのも、人が人であるために、重要な沖縄の文化となるはずだ。

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!