運転代行の歴史

運転代行はウィキペディアによると、

運転代行業(うんてんだいこうぎょう)または運転代行とは、飲酒などの理由で自動車の運転ができなくなった者の代わりに運転して、自動車を目的地(主に依頼者の自宅)に送るサービス。「代行運転」とも呼ばれている。

と記載されています。

ことのはじまりは、1966年7月だったようです。ずいぶんは前ですね。そして、飲酒時の運転代行については、1980年頃に秋田県で発祥したようです。2002年6月に、運転代行業者への取締りが強化されました。飲酒運転の罰則の強化と同時でした。それから飲酒運転に対する罰則はどんどんと強化され、今では重罪?のような扱いになって、社会的にも大いに非難されるようになりました。時代は変わるものです。社会の成長は、法律によるところもあるのかもしれないですね。

そんな運転代行は、交通事故、特に飲酒運転による事故の被害者の計り知れない悲しみと裏腹の存在です。沖縄では、その土地柄からか、飲酒運転を武勇伝のように、「飲酒運転なんてかつては当たり前だったよ」「飲酒運転をしてても、警察も注意だけで見逃してくれた」なんて少し自慢げに話すご年配の沖縄の方もいなくもないですが、もうそんな時代ではありません。社会的にも運転者本人が抹殺され、そしてなにより悲しい被害者を産んでしまう飲酒運転は間違ってもしてはなりません。そのために運転代行、できればかかりつけの運転代行業者があると望ましいのです。

飲酒運転をさけるため、運転代行を頼んだのに、どの運転代行業者も忙しくて、たのめなかったから、しかたがないから自分で酔っぱらい運転して帰った、なんて言い訳は通じません。忙しくても、つながるまで、バービー運転代行に電話してください。今日がだめなら明日、明日がだめなら明後日まで、運転代行があくまで、飲んで待ちつづけ、電話しつづけるのです。その意味で、運転代行は恋に似ているのかもしれません。恋される運転代行バービー運転代行は、今日もあなたのアイドルとして、那覇を中心とした沖縄南部の道路で待機しています。

運転代行業務は、タクシー会社が行うこともありますが、そんなトキメキの運転代行は、やはり運転代行専門の業者に頼んだほうが安心です。

たかが運転代行、されど運転代行。今日も那覇は、沖縄は、運転代行あってこそです。

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!