運転代行の美学

運転代行には、美学があります。

沖縄には、沖縄の美学があり、運転代行には運転代行の美学があります。

 

沖縄の人は、カネさえ儲けられればなんでもいい、とはおもっていません(なかにはそんな人もいますが)。ウチナーンチュは、人が幸せになってくれて、喜んでくれて、それでこそお代を受けとる価値がある、と考えています。それが、沖縄の美学です。沖縄は、人に優しく、仕事も人のためになり、人の笑顔の残り香のようなもの、それがお金だと思っています。

那覇運転代行バービーの美学も、同じです。車さえ運転できれば、那覇運転代行バービーのスタッフになれると思ったら、大間違いです。バービーのスタッフ試験は、沖縄でも一番の厳しさです。真実を見抜く鋭い観察眼、愛を奏でるロマンチックな詩的感覚、そして夜を制覇する気高い神秘性と精神性。それらを厳しくテストして、その上で最後に運転の試験を制覇します。これが、他の運転代行の採用試験との大きな違いです。運転さえできればいい、というわけではないのです。これが、バービー運転代行の、運転代行を単なるサービス業から昇華させた美学です。

 

那覇運転代行の美学をカタチにした、運転代行の定め99か条があります。

1.運転は、心と体の姿勢を正してから、おもむろに発進すべし

2.運転は、サムライ魂

3.運転は、一期一会の人生

 

こんな感じで、感動の運転代行の美学がつづられています。そのうち、沖縄ダイムス社から出版されるはずです。

 

というわけで、運転の美学こそが運転代行を選ぶ基準になる時代がくるはずです。

運転代行をスマホで検索して、美学で判断する時代。酔ってるなか、その哲学を基準に電話してみるのです。

 

お客様「もしもし、久茂地で飲んでるんだけれど、迎えに来てくれる?」

バービー運転代行「急がなくても、人には必ず、迎えがきます。夜がかならず朝になるように」

お客様「わかっている。人生は無常だ。だからその日を楽しみに、しかして今日のこの瞬間は永遠なんだ。だから君の笑顔がみたいんだ」

バービー運転代行「わかりました、そういうことなら、この案件の承ります」

 

バービー運転代行では、このような基準で、配車をしています。料金のためならなんでもする、というそこらの軽い運転代行ではありません。お客様の使命と熱い情熱とご縁を感じてこそ、命をかけて出動します。そんなサムライ運転代行が、那覇の運転代行バービーです。たぶん。

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!