運転代行侍@那覇

運転には、哲学があります。

運転は、だれにでもできるものではありません。そこには高貴な哲学と理念があってこその、運転です。ましてや運転代行には、気品と優雅さが求められます。

運転代行は、情熱です。運転代行は、ハンドルをにぎることではなく、命の炎を運ぶことだからです。

沖縄に多い「運天」さんだから、できるというものでもありません。運転代行は、生まれつきの誇りと天啓を授かってこそ、できる生業です。

特に、島国社会の沖縄で生きるということは、人との関係が重要になってきます。人と人との関係、車と車との関係、車と人との関係、そして人と運転代行との関係。運命は複雑に絡み合い、運転代行は着々と進行していきます。運転代行は、ニライカナイ沖縄においても、特殊な仕事といえるのです。

 

飲み会は、混沌としています。ほんわかと飲み終える人もいれば、イライラとして爆発でモアイ(沖縄の飲み会を正当化するシステム)を終える人もいます。そんな沖縄の「飲みんちゅ」と、そのお車を運ぶのが、運転代行です。これが、簡単な仕事であるはずもありません。

特に、沖縄の中心地、那覇の運転代行は、沖縄でも、日本でも、そして世界でも特殊な、密度の濃い運転代行です。居眠りなんかはできません。運転中の話ではないですよ。待っている時も、そうです。運転代行業務の業務時間の一瞬一瞬が、戦いなのです。

運転代行業者は、戦士です。シャーマンであり、妖精であり、「飲みんちゅ」の心の安らぎでもあります。沖縄は、人と人とがつながっているから、沖縄であります。人をつなぐのは、アルコールです。ならば、お酒社会の沖縄で、要となっているのが、運転代行業者です。

那覇の運転代行は、お客さんも特殊です。お仕事にお疲れで、飲み疲れ、ぐったりして、時に乱暴なこともあります。それでも紳士に対応できるのが、運転代行のプロです。暗い道を走るのは、それが使命だからです。沖縄の、那覇の、人の車のハンドルをにぎる、その手袋と瞳に宿る意気込みを知る人は、あまりいません。

さて、気分分間に、プロの運転テクニックをご覧いただきましょう。那覇運転代行バービーは、こんな運転はしませんけれど。

執筆代行:引き寄せの法則で夢を叶える145

Follow me!