那覇の交通事情と運転代行

沖縄は、車社会です。それを題材にしたCMでも話題になりました。

歩いている人もあまり見かけませんし、自転車の人も見かけません。

沖縄の人は、泳げないし、自転車にも乗れない、という人が結構います。

歩いてもほんの一分くらいのところに行くにも、わざわざ車を出したりします。

そして車社会なので、ラジオが、特にローカルラジオが人気です。ラジオの話題が、巷でも話されることが多々あります。

また、車に慣れすぎているのか、運転マナーがイマイチ、いえ、はっきり言うなら、マナーが悪い、という印象もあります。曲がる時や割り込み時にウィンカーをださなかったり。バイクのすり抜けも、当たり前。沖縄は小型バイクがたくさん走っていて、中型や大型は予算がつかないようで、暴走族も、小型のバイクが主流みたいです。

そんな車の話題につきない沖縄ですが、沖縄を象徴するのが、58号線という道路。58号線をテーマにした歌まであります。

歌ではなぜか、架空の508号線となっていますが。

 

それから沖縄といえば、お酒の文化です。電車はゆいレールというモノレールが走ってますが、那覇空港から首里までと短距離です。今、延長工事はしていますが、それでもたかが知れています。沖縄には、これ以外には電車がないので、ということは終電がないので、のんびりだらだらと解放的に飲み続けます。バスはありますが、そして「わったーバス党」なる、バスのファンクラブ?のようなものまでありますが、バスはいつくるかがわからない。時刻表はあってないようなもので、ずっとこないなーと待っていて、だいぶ遅刻して来たと思ったら、今度は同じ路線のバスが二台来たりとか。バス停に時刻表がなくって、台風で剥がれたような痕跡だけがあったりして、だいぶてーげーな沖縄の交通事情なのでした。

というわけで、沖縄は車での移動がメインなわけで、車で飲むなら代行です。沖縄の代行は、これまた情にあつくって、代行を頼むだけでも沖縄だなーと思えるというものです。バイクの代行はないですし、バスの代行もないですし、ゆいレールの代行もないですが、あなたの大切な自家用車の代行なら、バービー運転代行です。

代行も、白タクみたいなもぐりにつかまってしまったら、大変です。保険も完備、登録もちゃんとしている、正規の運転代行・バービー運転代行にお任せください。

沖縄の運転にまつわるお話は、まだまだつづきます。だって、おじいおばあの世代では、車が右側通行だったんですよ。

それはまた、今度・・・

執筆代行:引き寄せの法則で夢を叶える145

Follow me!