那覇の運転代行のヒミツ

那覇の運転代行は、代行会社がいっぱいある、激戦地区です。お客様の声を調査しても、「運転が荒かった」「対応がずさんだった」などのネガティブな声から、「柔軟に親切に対応してくれた」「車を大切にしてくれたのが伝わってきた」などポジティブな声まで、さまざま。

そして、「どこの運転代行にたのめばいいか、わからない」「運転代行といっても、結局は人でしょ」などのお声もありました。

 

運転代行の歴史は浅い、と思っている方も多いでしょうが、意外や意外、日本初の代行は、1966年7月、碓井運転代行社がはじめました。

飲酒時の運転代行のサービスとしては、1980年頃に、秋田の会社がはじめました。ちょうどこの頃、道路交通法の改正で、飲酒運転の罰則が厳しくなったのです。

沖縄での開始はナゾですが、、当初は運転代行のサービスの規制もなく、参入障壁も低いため、ヤミの団体の資金源にもされたようです。2002年6月には、この状況を正すべく、「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」が施行。認可制になりました。

 

飲むのは簡単ですが、命は重い。安心に飲める社会、安心に帰れる社会、そして安心に道を歩ける社会にするためにも、運転代行の使命は重要です。

特に、沖縄はお酒の文化が特徴的です。飲酒運転も当たり前だった、と得意気に話す沖縄のご年配の方もなかにはいらっしゃいますが、これからは許されません。バービー運転代行は、新たな沖縄の「運転代行文化」の一助になるべく、認可を受け、保険も完備して、そしてなにより、お客様と歩行者の命と車を大切に、スタッフ研修を充実してきました。

 

沖縄には、「運転」さんという名字(ほんとは運天さん)も多く、そのわりには運転が荒くて、ウィンカーをださなかったり、全国の運転マナーワーストランキングにも、不名誉にも上位ランクインしています。だからこそ、バービー運転代行のマナー徹底、愛情運転の運転代行サービスに、価値があります。

酔っていては、どの代行でもいいやー、となってしまいがちですが、そうならないために、ぜひ「かかりつけ」の運転代行をご準備ください。迷ったら、「バービー運転代行」もしくは「那覇 バービー運転代行」で検索してください。

 

関係ないですが、運転は技術です。

そして、接客も技術、そして愛です。あなたもぜひ、うちなーならではの、情熱運転代行をご愛顧ください。

執筆代行:引き寄せの法則で夢を叶える145

Follow me!