那覇運転代行の冬支度

ちょっと早いですが、那覇運転代行も冬に向けて準備をすすめています。なんて言っても、心の準備だけです。

今年の夏も暑かったな、また秋をいつのまにか通り越して冬になるんだろうな、冬がすぎたらまた春をいつのまにか通り越して夏になるんだろうな、とたそがれるだけです。

執筆代行をしているぴよたんは、北海道で10年暮らしていましたが、北海道の運転代行は大変でした。冬タイヤに変えて、冬ワイパーに変えて、オイルも凍結しない冬オイルを使って。ほかにも冬ハンドルとか冬ウィンカーとかもあったのかもしれません。知りませんが。

それに北海道の信号機には雪がつもるので、単純に消費電力が少ないからと、LEDの信号機に変えてしまうと、発熱がなくなるので雪がつもって信号機が見えなくなる、ということもあります。たぶん。

北海道の冬にはチェーンで走る車はあまりみかけませんが、その代わりに冬用のスパイクタイヤが流行りましたが、道路を削って粉塵が問題になり、今では環境にもやさしい冬タイヤが主流みたいです。

そんな雪国を考えると、沖縄の運転代行の冬支度は、より文学的で、よりピュアです。心の準備だけで冬を迎えることができるのが沖縄の運転代行です。

那覇運転代行バービーも、冬アクセルに変えて、冬ミラーに変えよう、と提案しましたが、そんな必要はないと却下されました。沖縄では、年中、飲み会が開かれています。人が集まる那覇では特に、モアイが多く開催されてます。モアイとは、あのモアイです。

ウィキペディアによると、

模合(もあい、琉:ムエー)とは、沖縄県や鹿児島県奄美群島において、複数の個人や法人がグループを組織して一定額の金銭を払い込み、定期的に1人ずつ順番に金銭の給付を受け取る金融の一形態である。 本土における頼母子講・無尽講に相当する相互扶助システムである。 沖縄ではその他、寄合(ユレー、ユーレー)とも呼ばれる。

相互扶助の、貯金システムみたいなものですね。でも本心は、それを言い訳にして、飲みたいだけです。沖縄の飲食店は、モアイ承ります!とうたっているところが多く、別にうたっていなくても勝手に飲み屋さんとかでモアイすることが多いのですが、沖縄の大切な文化になっています。必然的にモアイには運転代行が必須なので、人もご縁も、巡り巡っているなという実感です。

執筆代行 激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

 

 

Follow me!