那覇運転代行の夏

梅雨開けが待ち遠しいですね。

梅雨が終われば、いよいよ那覇も夏が本格始動します。

夏の運転代行は、なかなか大変です。代行の伴走用の車内は、クーラーをつけますが、お客さん車では、お客さんの意向もあるので、勝手にはクーラーがつけられません。お迎えの間、お店の外でまったり、何かと大変なのが那覇の運転代行の夏なのです。

運転代行は、物語です。以前、ホテルのテレビドラマが人気でしたね。かわいいアイドルとかっこいい俳優が、ホテルでのお客さんとの人情ドラマを展開していました。

どんな仕事でも、心をこめてつづけていたら、そこにはドラマがあります。那覇運転もしかりです。守秘義務があるので詳しくは言えないですが、酔っていて、夜の閉鎖空間です。お客さんの壮絶な人生のドラマを垣間見るのが、那覇運転代行です。運転代行って、けっこうかっこいいでしょ?

運転代行は、夜を希望に向かって走る、孤独なカゲの立役者なのです。

特に夏は、恋に泣く乙女やおっさんが、酔ってからんでいらっしゃることもあります。そうなんですね、くらいしか言えないですが、聞いてあげるだけで、救われるところはあるようです。お客さんが自宅への道の説明も忘れて、お客さんの人生ドラマの説明に夢中になることもあります。つられて代行も道に迷ってしまいます。

那覇を中心とした沖縄は、みんな人がよくて、都会でよくある冷たいあしらいは、あまりないものです。逆に、南国気質なのか、ぶっちゃけた対応で、本土の方はびっくりされることもあります。たとえ口は悪くても、取り繕っていないからだけなので、逆にその分、人はいいんですよ。沖縄ほど気候があつく、人もあついところは世界をさがしてもなかなかないものです。

運転代行も、そのうちなくなる仕事です。長くとも1億年後にはなくなっているはずですし、その前に自動運転システムが普及したら、運転代行の必要はなくなります。運転代行の前にタクシー業界がまずは自動運転になるはずですが、それでもそのうち、「そんな時代もあったね」と懐かしくなる日が必ず来ます。今のうちに、運転代行を堪能して、運転代行マニアになって、運転代行の写真を激写しておくと、将来は運転代行マニアに高く売れるかもしれませんよ。

運転代行は、そんなロマン溢れる仕事なので、スタッフも募集しています。沖側にご連絡くださいね。

執筆代行:下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!