那覇運転代行の恐怖

那覇の運転代行では、時々、不思議なことがおこります。。。

那覇で運転代行のご依頼をいただき、お客様の愛車を代行運転していました。それをつけるように、代行スタッフを向かえるための代行車両が追いかけていたときのことです。

ひんやりとした、不思議な風がふいてきたのです。窓はしめているのに、何かな、と不信に思ったら、車のクーラーでした。でも、それだけではありません。おーいーでーという、か細い女性の声まで聞こえてきたのです。何かな、と声の出どころをさがしたとろこ、カーラジオでした。

心配になってきて、後部座席を振り返ると、なんと、誰もいません。追跡用の代行車両なので、当然です。でも、その誰もいないはずの後部座席に、まっしろな絹の手ぬぐいがおかれていたのです。何かなと手に取ると、白いティッシュペーパーでした。

このように、那覇の運転代行では、怪談めいた話しもチラホラと聞かれます。運転代行をご依頼してきたお客様が、「運天」さんだったり。運命?

そんな運命を引き寄せる那覇運転代行のバービー運転代行ですが、だいたいは普通の人間のお客様からのご依頼が多いものです。

電話してきてくれて、「居酒屋で飲んでるから、迎えにきて」「お車はどちらに置かれてますか?」「裏の駐車場のわきの向かい」「お車の車種は?」「軽のベンツ」「・・・ 色は?」「ドドメ色とえんじ色のツートンカラー」「何人ですか?」「モアイなので15名」「お車に乗車されるのは?」「気のいい仲間たち」

こんな感じで、なかには話しがよくわからないお客様もおられますが、それでも根気よく、状況とご希望を確認し、無事、ご自宅までお客様とお車をお届けするのが、バービー運転代行の仕事です。

 

人が人のために車を発明し、それを量産し、そして人が人のために人と車を運ぶ。こんな人のつながりが、酒でつながる沖縄の輪をとりもっている一つのかかせないパーツになっているのです。運転代行といえば沖縄、沖縄と言えば運転代行といえるくらい、沖縄にきたら、ぜひ、バービー運転代行へご依頼ください。基本的にはレンタカーでも、もちろん無事にホテルまでお運びいたします。

うちなーんちゅによるうちなーんちゅのためのうちなーんちゅ運転代行・バービー運転代行です。

この名前を忘れないために、紙に書いて冷蔵庫に貼っておいてくださいね。

執筆代行:下町WEB制作ひよこうぇぶ

 

Follow me!