那覇運転代行の黄昏

春は曙

夏は夜

秋は夕暮

冬はつとめて

 

常夏と思われがちな沖縄ですが、確実に時は経過して、季節は移り変わっています。

いよいよ那覇でも、すずしくなってきました。そして、日の出は遅くなり、日の入りは早くなってきています。

日々、季節の中で運転している那覇運転代行バービー運転代行でも、その無情なる時の遷移を感じ取っています。

 

運転代行では、お客さまのご要望に応じて、飲み屋さんからご自宅まで、出先のどこかからどこかまで、柔軟にしかして法にのっとって、日々那覇を中心とした沖縄の道から道まで走っています。でも、時だけは逆走できない一方通行です。

どんなに人気のバービー運転代行でも、これだけはなんともなりません。児童文学「モモ」ではありませんが、どんな時間泥棒にも、勝てるわけではないのです。ただ、時をとめることができるのは、そして生きる意味を見いだせるのは、沖縄のやさしい人だけです。

都会では、一方通行の時が、猛烈な勢いで過ぎ去っていきます。流通は流行り廃れ、また新しい時代がすぐにやってきます。

でも沖縄では、そして那覇では、時は円環になっている側面が見いだせるはずです。ご先祖様を大切にして、お盆を行い、親戚同士はつながり、家族を大切にする。当たり前!と思えるのは、ウチナーンチュだからです。殺伐とした都会では、そんな当たり前のことが、ずっとむかしに忘れ去られてしまっているようです。

 

バービー運転代行では、そんな円環の時を象徴するかのように、沖縄の58号線を中心に、那覇や沖縄南部を中心に、今日も年中無休で時と車の波の中を行き来しています。

 

運転代行が、時を超える日が来るとしたら、それはどんなときなのでしょうか。

「酔い」は時を超越します。飲酒により、人々と、そして世界との融合感が増してきます。そして飲酒により、万能感が現れてきます。さらに飲酒により、高揚感があらわれ、ふわふわと気持ちよくなってきます。これが人々が飲酒にはまる理由ですが、特に沖縄の飲み会では、人と人とがつながり、沖縄の和を支えてくれています。

でも、どんなに飲酒が「善」だとしても、決してしてはいけないことがあります。それこそが飲酒運転です。飲酒運転は暴力です。だから、運転代行が脚光を浴びています。

運転代行は平和と幸せの運び屋であり、沖縄のコウノトリといえるのかもしれません。

 

執筆代行 激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

 

Follow me!