食欲と運転代行の秋です

ちゃお♪

ついに、那覇まつりが終わってしまいましたね。執筆代行をしているぴよたんは、ちょうど綱引きのための交通規制(歩行者天国みたいなの)になる3分前に、国道五十八号線をバイクで走ってました。でっかいツナ(というかカヌーか宇宙船くらいの迫力の物体)が道路に延々と横たわっていて、それを歩行者天国になるのを今か今かと待つ群衆と警察が見守るなか、おそらく最後の青信号でバイクで疾走してきたのでした。それはたまたまだったんですけれど、ぴよたんにも大注目でした。

で、肝心の綱引きは疲れてて参加できませんでしたけれど、飲んで、花火を楽しんで、運転代行を頼んで、沖縄在住最後の那覇祭りを楽しんだのでした。えっ、運転代行を頼む側??と思われたかもしれませんが、実際に運転代行を頼んでこそ、運転代行のありがたみがわかるというものです。運転代行を知るものが、運転代行を制するのです。

というわけで、運転代行は花火とともにやってきて、花火とともに去っていく、ちょっとロマンチックな職業だということがわかりました。

 

執筆代行ぴよたんは、これからインドに長期出張をしますけれど、インドでは運転代行ではないですけれど、タクシー料金のボッタクリが問題になってます。それで、最近ではaloというアプリで、簡単にタクシーを呼べるようになってきました。似たようなサービスでUberというアプリも世界的に人気ですね。そんな世界情勢を考えると、日本、特に沖縄の民度はすばらしく、むしろ一部のクレーマーなど、顧客側のモラルが問われている時代です。穿った見方もしくはねじれた見方をすると、そんなクレーマーこそが正直でまっとうなサービスを作り上げてきてのかもしれない、なんて思う人もいるかもしれませんが、運転代行をしているのは人間です。人として、お客さまという人と向き合っています。それが沖縄のよいところで、運転代行も例外ではありません。人が人を迎える運転代行、これこそが那覇運転代行バービーです。どうか運転手も人として見ていただき、人生という一時の宴をともに楽しむパートナーとして那覇運転代行バービーにお電話いただけるとありがたいです。

だから運転代行は、バービー。那覇、浦添、糸満、豊見城市、その他インドを除く沖縄南部全域で、お気軽にお電話くださいね。

執筆代行:激安・下町WEB制作ひよこうぇぶ

Follow me!